メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊検査費を助成 「早期治療につなげて」 /山梨

 県は8月から不妊・不育症検査の費用を上限2万円まで助成する制度を開始した。今年7月1日以降の検査が対象。県は「全国的にも晩婚晩産の傾向がある。早期に検査して、必要に応じて早期治療につなげてほしい」と話している。

 助成対象となるのは、法律上の婚姻をしている夫婦で1組につき1回のみ。不妊もしくは流産や死産を繰り返す不育症の検査費用を2万円まで助成す…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです