メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洛・楽・らフォト

/29 送り火につづく盆踊り /京都

「松ケ崎題目踊り」に続く「さし踊り」は、見物客らも加わって盛大に催された=京都市左京区の涌泉寺で、川平愛撮影

 お盆に迎えた先祖の霊を送る「京都五山の送り火」。16日午後8時5分に「妙法」の火をともした京都市左京区松ケ崎の住民は、約20分後に消火してから急いで浴衣姿に着替え、ふもとにある涌泉寺(ゆうせんじ)の境内に集まった。この夜、地元に伝わるもう一つの行事「松ケ崎題目踊り・さし踊り」に参加するためだ。

 松ケ崎題目踊りは1306年、松ケ崎村が天台宗から日蓮宗に全村改宗した際、「南無妙法蓮華経」と唱えながら歓喜の踊りをしたのが始まりで、「日…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです