メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放課後等デイサービス

宝塚に施設を 医療的ケア児対象 ネットで寄付募集 /兵庫

宝塚での施設開設を訴えてきた久保佳世子さん(左)と、宝塚市肢体不自由児者父母の会会長の川口圭子さん=兵庫県宝塚市安倉西2で、土居和弘撮影

 心身に重い障害があり医療的ケアの必要な子どもたちを放課後や休暇中に預かる「放課後等デイサービス」(放課後デイ)施設を宝塚市内に設けるため、大阪府豊中市で同様の施設を運営する事業者がインターネット上で寄付を募るクラウドファンディングで資金集めをしている。宝塚にこうした施設はなく、「医療的ケアが必要な子どもに居場所を」との保護者の要望に応えた。来年1月の開設を目指しており、資金調達の目標は340万円。受け付けは30日まで。【土居和弘】

 計画するのは、「Rosetta(ロゼッタ)柴原」を運営する合同会社の代表、堤真也さん(39)。豊中…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1185文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. ORICON NEWS 急性白血病で闘病中の岡村孝子、インスタで退院を報告 ファンから祝福の声

  4. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです