メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天神崎

保全用地、目標の半分に 8万8200平方メートル 取得開始から45年 田辺 /和歌山

 自然環境を開発などから守る市民運動ナショナルトラストの国内先駆地である田辺市の岬「天神崎」で、保全用地の取得が目標の約半分に達したことが16日、公益財団法人「天神崎の自然を大切にする会」(同市)への取材で分かった。運動開始から45年での達成。取得地は約8万8200平方メートルで、甲子園球場2個分を超える。

 同会の玉井済夫業務執行理事は「寄付金に頼る運動で、時期的な目標を定めるのは難しい。長い年月をかけて…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです