メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警戒レベル

指針改善を 鹿児島県市長会、7月大雨受け国に要望書 避難“勧告”“指示”で混乱 /鹿児島

 6月末~7月初旬に九州南部を襲った記録的大雨では避難行動を巡り住民が混乱する場面もあったとして、鹿児島県市長会(会長・森博幸鹿児島市長)は21日、防災情報を5段階で示す「警戒レベル」について、さらに分かりやすく改善するよう求めた要望書を内閣府に提出した。

 新たな警戒レベル表示は、内閣府が3月に避難勧告のガイドラインを改定して導入し、今季から運用が始まった。直感的に防…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです