連載

月刊・時論フォーラム

藤原辰史氏、山本章子氏、田中研之輔氏が専門知識や研究成果を生かし、政治や経済、社会など時々のホットな話題を論じ合う。

連載一覧

月刊・時論フォーラム

ファシズムへの懸念/最悪の日韓関係/「表現の不自由展」中止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
臨時国会初日に開門と同時に登院する参院議員たち=国会内で8月1日、川田雅浩撮影
臨時国会初日に開門と同時に登院する参院議員たち=国会内で8月1日、川田雅浩撮影

 憲政史上屈指の長期政権が続き、政権交代は遠い。では現在と未来は明るいのか。井手英策氏は、第一次大戦後のドイツ・ワイマール体制の中で台頭したファシズムの歴史から、現代日本の危機を指摘した。石原俊氏は戦後最悪水準とも言われる日韓関係を、吉田徹氏はあいちトリエンナーレの騒動と、表現の自由の危機を論じた。

 ◆ファシズムへの懸念

この記事は有料記事です。

残り4470文字(全文4631文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集