メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

ファシズムへの懸念/最悪の日韓関係/「表現の不自由展」中止

臨時国会初日に開門と同時に登院する参院議員たち=国会内で8月1日、川田雅浩撮影

 憲政史上屈指の長期政権が続き、政権交代は遠い。では現在と未来は明るいのか。井手英策氏は、第一次大戦後のドイツ・ワイマール体制の中で台頭したファシズムの歴史から、現代日本の危機を指摘した。石原俊氏は戦後最悪水準とも言われる日韓関係を、吉田徹氏はあいちトリエンナーレの騒動と、表現の自由の危機を論じた。

 ◆ファシズムへの懸念

この記事は有料記事です。

残り4470文字(全文4631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです