メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

在任、戦後最長へ あす2798日、佐藤栄作氏に並ぶ 領土・拉致未解決 外交成果に課題

安倍晋三首相と佐藤栄作元首相の比較

 安倍晋三首相の通算在任日数が23日に2798日となり、戦後最長の佐藤栄作元首相(在任1964~72年)と並ぶ。佐藤氏は米国との間で沖縄返還に合意し、日本人唯一のノーベル平和賞を受賞。戦後日本外交を大きく前進させた。佐藤氏と並ぶ長期政権となる安倍首相も「戦後日本外交の総決算」を掲げたが、北方領土問題や拉致問題の解決など成果を残せるかが課題だ。【杉直樹】

 安倍首相の在任日数は戦前も合わせると、桂太郎元首相(2886日)に次ぐ歴代2位となる。11月19日に桂氏と並び1位になる。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです