安倍首相

在任、戦後最長へ あす2798日、佐藤栄作氏に並ぶ 領土・拉致未解決 外交成果に課題

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相と佐藤栄作元首相の比較
安倍晋三首相と佐藤栄作元首相の比較

 安倍晋三首相の通算在任日数が23日に2798日となり、戦後最長の佐藤栄作元首相(在任1964~72年)と並ぶ。佐藤氏は米国との間で沖縄返還に合意し、日本人唯一のノーベル平和賞を受賞。戦後日本外交を大きく前進させた。佐藤氏と並ぶ長期政権となる安倍首相も「戦後日本外交の総決算」を掲げたが、北方領土問題や拉致問題の解決など成果を残せるかが課題だ。【杉直樹】

 安倍首相の在任日数は戦前も合わせると、桂太郎元首相(2886日)に次ぐ歴代2位となる。11月19日に桂氏と並び1位になる。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文889文字)

あわせて読みたい

ニュース特集