メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア

パプアで大規模暴動 国旗破損発端

路上でタイヤを燃やし抗議する人々=インドネシア東部の西パプア州マノクワリで19日、アンタラフォト提供・ロイター

 インドネシアからの分離独立運動が続く東部のパプア、西パプア両州で19日、学生や住民が警察や国軍に反発する大規模な暴動が起きた。治安部隊によるパプア出身学生への差別的な言動が直接の引き金で、西パプア州マノクワリでは州庁舎が放火されるなどした。

 発端となったのは、16日に破損して側溝に落ちたインドネシア国旗の動画がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で拡散。これを見た東ジャワ州スラバヤの住民らが、市内の学…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです