メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵便

二重払い解消応じず、アフラック要請に がん保険、不適切10万件

郵便局でのアフラック保険乗り換え契約

 日本郵便でまた、顧客に不利益となる保険の販売が発覚した。日本郵便が販売したアフラック生命保険のがん保険で二重払いや一時的な無保険が2018年5月からの1年間で約10万4000件に上ることが判明。日本郵便はアフラック側から二重払いを解消するシステムの導入を促されても対応しておらず、かんぽ生命保険の不正販売に続いてずさんな経営体質が改めて浮き彫りになった。【後藤豪、藤渕志保】

 アフラックは08年から一部の郵便局でがん保険販売を開始。13年に日本郵政と業務提携を結び、全国約2万の郵便局に販売網を広げた。日本での新規契約の25%が郵便局を通じた販売となっている。

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです