メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵便

二重払い解消応じず、アフラック要請に がん保険、不適切10万件

郵便局でのアフラック保険乗り換え契約

 日本郵便でまた、顧客に不利益となる保険の販売が発覚した。日本郵便が販売したアフラック生命保険のがん保険で二重払いや一時的な無保険が2018年5月からの1年間で約10万4000件に上ることが判明。日本郵便はアフラック側から二重払いを解消するシステムの導入を促されても対応しておらず、かんぽ生命保険の不正販売に続いてずさんな経営体質が改めて浮き彫りになった。【後藤豪、藤渕志保】

 アフラックは08年から一部の郵便局でがん保険販売を開始。13年に日本郵政と業務提携を結び、全国約2…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1399文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです