メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵政労組

社長に怒号、過剰ノルマ批判 定例全国大会

 日本郵政グループ労働組合(JP労組、組合員約24万人)の定例全国大会が21日、熊本市で始まった。22日まで。大会では、かんぽ生命保険の商品の不正販売を巡り、販売現場に過剰なノルマを押しつけてきた経営陣への批判の声が上がった。

 JP労組の増田光儀委員長は、不正販売問題について「事業の存続に関わる極めて重大な事態だ」と指摘。要因として、ノルマなど日本郵便の営業管理や、情報が経営トップに伝わらず共有され…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです