メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

原発、緊張感ある検査に 来年4月「抜き打ち」導入

玄海原発3、4号機の補助建屋で仮設ケーブルなどをチェックする菊川明広・玄海原子力規制事務所長(左から2人目)ら=2019年7月26日、岩間理紀撮影

 原発の運転や管理が安全かを監視する国の検査制度(原子力規制検査)が、来年4月に変わる。決められた項目だけを確認する「チェックリスト」方式から、緊張感のある検査ができるよう検査官がいつでも施設に自由に立ち入り確認できる、抜き打ちの「フリーアクセス」方式へ転換する。九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)で原子力規制委員会の検査官に同行し、新制度に向けた試験運用の現場を取材した。【岩間理紀、荒木涼子、竹林静】

この記事は有料記事です。

残り2053文字(全文2254文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです