メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい東京へ

「銅」躍進の土台に 64年東京五輪バレー日本代表・菅原貞敬さん(80)

1964年東京五輪で獲得した銅メダルを手にするバレー男子元日本代表の菅原貞敬さん=茨城県ひたちなか市で2019年6月22日、仁瓶和弥撮影

 1964年東京五輪でバレーボール男子日本代表は苦戦の末、銅メダルを手にした。メンバーの一人だった菅原貞敬さん(80)は東京五輪の経験が、72年ミュンヘン五輪で金メダルを獲得するなど、その後の躍進につながったと信じている。【仁瓶和弥】

 <62年、モスクワの世界選手権に出場した菅原さんは秘密兵器を編み出し、サーブの名手としての地位を築く>

 ソ連(当時)をはじめ、東欧の共産圏が圧倒的に強い時代。東ドイツ(同)戦で勝つにはサーブで崩すしかないと思い、いつもと違う打ち方を試みました。エンドラインの後方約10~11メートルから打つと、ボールは無回転で変化しました。相手選手はボールが落ちてくるのを待ち切れず、ミスをしました。ボールがひらひら落ちてくる木の葉のように見えることから「木の葉落とし」と名付けられました。

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 土俵際の逆転不発で正代4敗目 行司と重なる不運、目立った「危ない相撲」

  3. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  4. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです