メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

よぎさん=インド出身の東京都江戸川区議

江戸川区議会で一般質問に立つよぎさん=東京都江戸川区で2019年6月20日、藤井太郎撮影

 在日インド人の1割超、約4600人が暮らす東京都江戸川区。今年4月の区議選(定数44)に立憲民主党公認で出馬し5番目に多い6477票を得て初当選した。「区民が一つにまとまる『国際フェスティバル』を立ち上げては?」「国際感覚の育成にどう取り組むのか」--。6月の初の定例会では落ち着いた様子で質問に立ち、議場デビューを果たした。

 古里はインド西部・ムンバイ市。大学で物理学を専攻する傍ら、父の勧めで日本語を習得し1997年に留学生として初来日。日本のIT企業や銀行で働き、2012年に日本国籍を取得した。きっかけは11年に起きた東日本大震災。被災地に駆けつけカレーの炊き出しをした。多くの同胞は帰国したが、自分はそういう気にならなかった。「自分の拠点はここ」と改めて感じ、日本に骨をうずめる覚悟を決めた。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです