メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼育ノート

旭山動物園 「野生」との向き合い方

ヒグマは自然の一部=旭山動物園提供

 お盆期間恒例の夜の動物園も終了し、北海道には足早に秋の気配が迫ってきます。クマタカの繁殖も順調で、ヒナはもうじき巣立ちを迎えます。両親が早朝しかエサを運ばなくなり、盛んに鳴き交わすようになってきました。

 今年、札幌郊外で異質な形でのヒグマとのあつれきが大きな話題になりました。昼夜を問わず住宅街に姿を現し、家庭菜園のトウキビなどを食い荒らしました。パトカーのサイレンも投光器の明かりも気にせず、おいしいものはないかと徘徊(はいか…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです