メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

巨人5-2中日 巨人・岡本、適時打マシン

 巨人が6連勝。一回、岡本の適時打で先制。三回に岡本の適時打で1点、六回は阿部、ゲレーロの連続ソロで2点を加えた。菅野は7回1失点で10勝目。中日は4連敗。巨人を上回る12安打を放ちながら、つながりを欠いた。

一振り走者一掃

 「クリーンアップ」という言葉には「塁上の走者を一掃する」という意味がある。巨人の4番・岡本が文字通りの仕事をした。

 一回2死から丸が右中間二塁打で出ると、続く岡本はカウント1-1からの3球目、真ん中低めに来た直球を軽くはじき返した。打球は中前に落ち、丸が生還。岡本は「甘い球を捉えることができた。先制点を取れてよかった」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです