メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀・神埼の陸自ヘリ墜落

原因断定に至らず 防衛省報告案

 佐賀県神埼市で昨年2月、陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが民家に墜落し隊員2人が死亡、住民の女児が軽傷を負った事故で、防衛省は21日、事故調査結果の報告案を県などに説明した。事故につながったとされるボルトの破断原因を断定するには至らず、「さび止め剤の劣化」と「元々ボルトに亀裂があった」という原因を併記し、近く最終的な調査結果と再発防止策をまとめる方針。

 防衛省は外部の有識者を入れた事故調査委員会を設置し、昨年5月に主回転翼のブレード(羽根)と機体をつなぐ「メインローターヘッド」内部にある「アウトボード・ボルト」が破断し、羽根が外れたとする中間報告を発表。ボルトが破断した原因について引き続き調査してきた。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「さすけねえか?」  綾瀬はるかさん、会津まつりでトークショー「気持ちは明るく」

  5. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです