メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ONE・TEAM

ラグビーW杯 開幕まで1カ月/2 アイルランド 政治超え、島の代表

イタリアとのテストマッチ前に整列して結束を深めるラグビーアイルランド代表の選手たち。「アイルランズ・コール」を歌い、チームの一体感を高める=2019年8月10日、ロイター

 ラグビーのテストマッチ(代表戦)では、試合前に両チームの国歌が会場に流れる。アイルランド東岸の首都ダブリンにあるアビバスタジアムで10日に行われたアイルランド-イタリア戦では、アイルランド国歌の後、「もう一つの国歌」が奏でられた。

 「ともに並び立ち 肩を組んで」。宗教や政治の対立を超えて一つになる。そんな思いが込められた歌「アイルランズ・コール」だ。アイルランドの選手はかみ締めるように歌い上げ、スタジアムは拍手に包まれた。

 ラグビーのアイルランド代表は、アイルランドと英国領北アイルランドという二つの「国家」の選手で構成さ…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1079文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです