メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

首相官邸=本社ヘリから

 政府は2020年度、安全保障上の重要性が高まっている宇宙分野での能力向上に向け、自衛隊に「宇宙作戦隊」を新設する方針だ。他国の人工衛星からの電波妨害などで自衛隊の活動が影響を受けないよう宇宙空間を常時監視することなどが任務となる。防衛省が20年度予算の概算要求に関連経費を計上する。

 米国や中国、ロシアなどは、人工衛星を使った情報収集や相手の通信かく乱など、宇宙空間の利用に向けた研究を進めている。日本政府も昨年12月に策定した「防衛計画の大綱」で、宇宙やサイバー空間を「新領域」として重視。「相手方の指揮統制・情報通信を妨げる能力」や「宇宙利用の優位を確保するための能力」を強化すると明記した。

 新設する宇宙作戦隊は、航空自衛隊府中基地(東京都府中市)に約70人態勢で発足させる。将来的には100人を目指し、日本の人工衛星の脅威となり得る他国の人工衛星や宇宙空間を漂うスペースデブリ(宇宙ごみ)の動きなどを監視する。宇宙空間に設置する新型の光学望遠鏡を開発するほか、米軍が今月29日に発足させる「宇宙軍」から指導教官を招くなどして能力向上を図る。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  2. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです