メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相演説一本化など独自色次々と 「山東カラー」に与野党困惑も

積極的に発信する山東昭子参院議長

 今月1日に選出された山東昭子参院議長(77)=自民出身、比例代表=が独自色の打ち出しに躍起だ。首相が衆参両院でそれぞれ行う施政方針演説の一本化などを提案。憲法改正の議論促進も訴えた。中立公平が求められる議長が積極的に発する「山東カラー」の言動に、与野党から困惑の声もくすぶる。

 山東氏は就任早々、自民党の末松信介参院議院運営委員長に電話し、首相の施政方針演説や所信表明演説など衆参の本会議でそれぞれ行う演説の一本化▽本会議場での女性の上着着用義務の廃止▽ノートパソコンの議場への持ち込みを許可――を提案。末松氏は8月5日の参院議運委理事会で報告した。特に施政方針演説の内容は衆参両院で同じであるため、一元化すれば、首相や閣僚の出席回数を省き、時間短縮にもつながる。

 ところが山東氏の提案は各党への事前説明はなく、野党は反発。理事会では具体的な協議に入れなかった。立憲民主党の蓮舫参院幹事長はツイッターで「院の運営は議長の専任事項ではない」と批判。同党幹部は「別にやってもいいけど、ちゃんと根回ししろよって話だ」と語る。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  3. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  4. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  5. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです