メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河野外相、韓国駐日大使呼び出し抗議 「安保環境完全に見誤っている」 GSOMIA破棄

 河野太郎外相は22日夜、韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことについて韓国の南官杓(ナムグァンピョ)駐日大使を外務省に呼び出して抗議した。南氏は「(抗議の内容を)正確に本国に伝える」と述べたという。

 河野氏はその後、外務省内で記者団に対し「北朝鮮問題を考えたとき、この協定の重要性は誰しもが理解している。断固として抗議したい」と強調。日本が輸出手続きを優遇する対象国「グループA(ホワイト国)」から韓国を除外したことを韓国が批判していることに関し、「輸出管理の運用見直しとひもづけて破棄の決定をすることは、安全保障環境を完全に見誤っていると言わざるを得ない」と語った。【田辺佑介】

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文940文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです