メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メルケル独首相 合意なき離脱回避へ協定再検討の可能性示唆 独英首脳会談 

メルケル独首相=ロイター

 ドイツのメルケル首相は21日、ベルリンを訪れた英国のジョンソン英首相と会談し、英国の欧州連合(EU)離脱問題で焦点となっているアイルランド国境問題について「30日以内に解決できるかもしれない」と述べ、英国の出方次第で協定の再検討もあり得ると示唆した。

 共同記者会見で、ジョンソン氏は「(EUとメイ前英首相が結んだ)離脱協定から『安全策』を撤廃する必要がある」と強調。離脱協定の修正がなければ「合意なき離脱」もあり得ると示唆した。

 陸続きの英領北アイルランドとEU加盟国アイルランド間は自由な往来が可能で、厳格な国境管理がされてい…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです