メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初音ミクと蒔絵コラボ おわんや爪切り人気 和歌山

新開発された茶碗や爪切りなどの初音ミクグッズ=海南市で2019年7月31日午後3時31分、最上聡撮影

 和歌山県海南市の老舗漆器メーカー「橋本漆芸」が、低迷する業界の打開策として、人気バーチャルアイドル「初音ミク」の蒔絵(まきえ)を施したコラボ商品を企画・販売している。これまでしおりやノートなど文具を発売し、最近は爪切りやおわんなどの新商品も開発した。イベントで販売すると30分で売り切れるほどの人気だという。

 同社の広報担当で企画実現に尽力した橋本寛子さんは「業界全体が低迷する中、生き残る道として、漆器に興味のなかった若者にも受け入れられる商品を考えた」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです