メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん検査検体取り違え、女性死亡 遺族提訴 九州労災病院

九州労災病院=北九州市小倉南区で、本社ヘリから今冨英樹撮影

 九州労災病院(北九州市)が、2014年に子宮頸(けい)がんが疑われた大分県の50代女性のがん検査をした際、女性の検体と別の人の陰性の検体を取り違えていたことが明らかになった。女性は別の病院で陽性と診断され、17年に死亡。遺族は取り違えでがん発見が遅れたとして損害賠償を求め、福岡地裁小倉支部に提訴した。病院側は死亡との因果関係はないとして争う姿勢を示している。

 訴状によると、女性は不正出血が続き14年1月に九州労災病院で悪性細胞の有無を調べる細胞診検査を受け…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文629文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです