水稲害虫「トビイロウンカ」大発生か 宮崎県が警報発表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
稲に寄生し、枯れさせる被害をもたらすトビイロウンカ=佐賀県農業技術防除センター提供(写真と本文は関係ありません)
稲に寄生し、枯れさせる被害をもたらすトビイロウンカ=佐賀県農業技術防除センター提供(写真と本文は関係ありません)

 宮崎県は19日、水稲被害をもたらす害虫トビイロウンカの大発生が予想されるとして県内に「病害虫発生予察警報」を発表した。県内41カ所の調査水田で確認された発生面積率は75.6%と平年(40.9%)の2倍に迫る勢いで、農家に薬剤防除の徹底を呼び掛けている。

 トビイロウンカは毎夏、中国から飛来し、水田で繁殖する。成虫(体長5ミリ)…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

ニュース特集