メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口・下関市 ウニ養殖化、技術確立へ 瓶詰め発祥 食味に手応え

一口サイズのウニを試食し、味や色などを評価する審査員ら=下関市で、近藤綾加撮影

 瓶詰めウニ発祥の地の山口県下関市で、原料となる下関産バフンウニの育成技術の開発が進んでいる。市が2017年から2年かけて海上いかだで育てたウニの食味試験が19日、同市吉母の市栽培漁業センターであった。審査員らは、付加価値の向上を目指して同市名産のトマトやアスパラガスなどを餌に与えた養殖物など計4種類の味や色などを評価。市は、来年度末までに養殖化に向けた技術の確立を目指す。【近藤綾加】

 センターによると、餌となる海藻が海温上昇などで減り、同市沿岸のバフンウニの漁獲量が減少。市内の県漁…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです