メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若手「よそ者」学芸員がカイボウする「日本一広い村」 奈良・十津川で村史編さん

十津川村史編さんのための調査で採取したキノコを確認する藤重季恵さん(中央)ら=奈良県十津川村で2019年6月11日午前10時34分、萱原健一撮影

 面積が東京23区の合計を上回る「日本一広い村」、奈良県十津川村が進める村史の編さんに、村外から採用された20、30代の若手学芸員3人が奔走する。人口3300人弱の自治体としては異例の力の入れようだが、過疎・高齢化に歯止めがかからず、失われていく地元の文化や伝統を次世代に継承したいというのが村の考え。目指すのは、村内外の人に買って利用してもらえる実用的な村史だ。

この記事は有料記事です。

残り1982文字(全文2164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです