メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏休み明け、増える子供の自殺・不登校 「安心感・安全感」でSOS受け止め

悩んでいるときの主な相談先

 夏休みが明け学校が始まる時期は、子どもの自殺が増えるとされる。若年層の自殺を減らすことは、日本の喫緊の課題だ。子どもが発するSOSや、学校へ行けずに苦しんだ不登校経験者のメッセージに耳を傾け、どうすべきか考えたい。

選択肢提示で「行ける方法」模索 親も周囲に相談を

 毎年、小中学校の夏休みの終わりが近づくと、小林正幸・東京学芸大教授(教育臨床心理学)のところには、子どもの言動を心配する親からカウンセリングの依頼が来る。「宿題が終わらない」。そう言って学校に行きたがらない子が多いため「手伝えることなどを示し、子どもが選べるようにして」と提案するという。

 文部科学省による小中高校の問題行動調査(2017年度)によると、自殺した児童生徒が置かれていた状況…

この記事は有料記事です。

残り2667文字(全文2994文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです