特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

初回見逃し三振の球 三回は逃さず 履正社・井上、星稜・奥川から豪快リベンジ弾

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【履正社-星稜】三回表履正社2死一、二塁、井上が中越え3点本塁打を放ち、拳を突き上げる=阪神甲子園球場で2019年8月22日、森園道子撮影
【履正社-星稜】三回表履正社2死一、二塁、井上が中越え3点本塁打を放ち、拳を突き上げる=阪神甲子園球場で2019年8月22日、森園道子撮影

○履正社(大阪)5-3星稜(石川)●=22日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・決勝)

 ライナー性の打球がバックスクリーン左へ飛び込む。履正社の4番・井上が星稜の本格派右腕・奥川から豪快な逆転3ランを放った。

 三回2死一、二塁、初球の浮いた外角スライダーをひと振りで仕留めた。一回2死三塁の第1打席では浮いたスライダーを見逃し三振したが、すぐに対応。今春センバツからの成長を「初球から積極的に振れるようになったこと」と説明する通りの打撃を見せた。

 井上だけではない。追いつかれた直後の八回1死三塁で、7番・野口が1ボールから151キロの直球を中前に運ぶ勝ち越し打。さらに2死二塁から途中出場の9番・岩崎も1ボールからの148キロの直球を左前に運び、野口を還した。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文693文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る