特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

熱戦を終えて~監督・主将コメント

星稜・林監督「奥川と山瀬は日本一のバッテリー」 スタンドの大応援には「鳥肌が立った」と感謝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【履正社-星稜】五回のピンチを抑え、ベンチに戻る星稜の山瀬慎之助捕手(左)と奥川恭伸投手=阪神甲子園球場で2019年8月22日、幾島健太郎撮影
【履正社-星稜】五回のピンチを抑え、ベンチに戻る星稜の山瀬慎之助捕手(左)と奥川恭伸投手=阪神甲子園球場で2019年8月22日、幾島健太郎撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第14日の22日、決勝で履正社(大阪)と星稜(石川)が対戦。初の決勝に臨んだ履正社が5-3で勝ち、初優勝を決めた。大阪勢の優勝は前回大会の大阪桐蔭に続き2年連続。

 悲願の初優勝を逃した星稜の林和成監督は「奥川と山瀬は日本一のバッテリーだと思う。打たれても落ち着いていた。全国の頂点に立つのは簡単じゃない。(優勝するには)何かが足りなかった」と熱戦を振り返った。林監督の主な談話は次の通り。【岡村崇】

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文783文字)

関連記事

あわせて読みたい