特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

星稜、山下父子「全国制覇」の夢果たせず 信頼厚い智将部長、父は松井育てた智茂元監督

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【履正社-星稜】三塁ベンチから選手を見つめる星稜の山下智将部長=阪神甲子園球場で2019年8月22日、森園道子撮影
【履正社-星稜】三塁ベンチから選手を見つめる星稜の山下智将部長=阪神甲子園球場で2019年8月22日、森園道子撮影

○履正社(大阪)5-3星稜(石川)●=22日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・決勝)

 22日の夏の甲子園決勝で敗れた星稜の山下智将(としまさ)部長(38)は、同校を春夏合わせて25回、甲子園に導いた智茂さん(74)=現名誉監督=の長男だ。名将があと一歩で逃した日本一に自身も届かず、「ただ悔しい……」と声を絞り出した。

 「智将」の名前は智茂さんが憧れる元西鉄の三原脩監督らにあやかった。幼いころから実家には星稜の選手たちが出入りし、「『星稜以外は全部敵』って感じでしたね」(山下部長)。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文721文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る