メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 役者・奈良岡朋子さん・89歳 いまの「平和」に疑い持て

=劇団民藝提供

 運命は偶然よりも必然である、と言ったのは誰だったか。70年余りに及ぶ「役者人生の終幕に、ささやかなライフワークを見つけたような気がする」と語る奈良岡朋子さん(89)は6年前の夏から、「黒い雨-八月六日広島にて、矢須子-」の一人語りを続けている。北海道から九州まで、自らが率いる「劇団民藝」のスタッフとともにワゴン車で各地を回る。「お声を掛けていただければ、どこへでも」と始めた朗読は61回を数え、総移動距離も3万キロを超えた。今夏は3公演。7月30日の東京、今月6日の大阪と続き、8日は広島にいた。原爆ドームが目と鼻の先にある劇場である。

 東京公演に足を運んだ。白いシャツ、黒いズボン姿の奈良岡さんが舞台の袖から、本を片手に現れた。聴衆に…

この記事は有料記事です。

残り2936文字(全文3256文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです