メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨今ことば事情

「今どきの音楽」=近藤勝重

 記者時代、函館に行けば、北島三郎さんの♪はーるばるきたぜ函館へ……と思わず口ずさんだり、長崎へ行けば行ったで、前川清さんの節回しをまねて「長崎は今日も雨だった」を歌ったりした。大半が事件取材の出張だから、唇に歌なくしてはやってられないと思う一方、それだけ歌につかまれていたのだった。

 題名や歌詞に地名が付くご当地ソングには、その地への思いを描く巧みさがあった。東京、大阪、横浜、神戸といった大都会を舞台にしたヒット曲も、その都市ならではの情景…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです