メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

探検家・医師 関野吉晴さん 「世界最古の航海」再現へ なお続く「大いなる旅」

「温暖化で地球は危機的状況です。人間は『足るを知る』必要がある」=東京都国分寺市で、藤井太郎撮影

 人類の起源をたどる。そんな壮大な旅を続けてきた探検家が今春、1冊の本(非売品)を著した。タイトルは「結末のない旅」。全約160ページにわたって記したのは、ライフワークとした南米アマゾンでの体験でもなく、南米最南端からアフリカまで自分の脚力と腕力を頼りに移動した「グレートジャーニー」でもなかった。東京都内の皮なめし工場で働いた記録だった。

 「探検を始めてから最初の20年間は南米ばかり行きました。『何でもしますから、泊めてください。食べさ…

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1640文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです