メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

泉南石綿の館

 大阪府泉南市の町医者、梶本政治さん(1913~94年)は、早くからアスベスト(石綿)の危険性を訴えていた。探検帽をかぶりバイクに乗る姿がおなじみで、石綿で患った労働者を往診した。時に煙たがられながらも、工場や役所を回って対応を求め続けた。

 戦前から高度成長期、泉南地域には石綿紡績工場が密集した。2006年、肺がんや中皮腫になった元労働者らが国家賠償訴訟…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. ORICON NEWS ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方・ワッキーに言及「前向きに治療に専念致します」

  3. 新型コロナ 安中の感染女性、ヨコオ工場勤務 /群馬

  4. アーモンドアイ「8冠」ならず 国枝調教師「ため息しか出ない」 優勝はグランアレグリア GⅠ安田記念

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです