メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSパーク

どこに眠る、青い目の侍 按針ゆかり、新発見に地元期待

 「青い目のサムライ」はどこに眠るのか。徳川家康の外交顧問を務めた英国人ウィリアム・アダムス(日本名・三浦按針)ゆかりの神奈川県横須賀市や長崎県平戸市で、西洋人とみられる遺骨や「按針の毛髪を発見した」と記された文献が見つかった。本当に按針のものか判然としないが、地元では発見を契機に地域振興に取り組んでいる。

 按針が乗ったオランダ船は1600年、大分県臼杵市に漂着した。家康に気に入られて外交顧問として活躍し…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文728文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです