映画

「引っ越し大名!」 前橋藩主がモデル 前橋で試写会 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
左から山本龍市長、松平大和守家17代目当主の松平直泰さん、原作・脚本を担当した土橋章宏さん=前橋市文京町のユナイテッドシネマ前橋で
左から山本龍市長、松平大和守家17代目当主の松平直泰さん、原作・脚本を担当した土橋章宏さん=前橋市文京町のユナイテッドシネマ前橋で

 江戸時代に前橋藩も治めた実在の大名・松平大和守直矩(なおのり)をモデルに、歌手の星野源さんが主演した映画「引っ越し大名!」の特別試写会が21日、ユナイテッドシネマ前橋(前橋市文京町)であった。試写会後は原作者の土橋章宏さんと直矩の子孫・松平直泰さん(前橋市在住)、山本龍市長のトークイベントも開かれた。30日から全国公開予定。

 直矩は徳川家康の血筋でありながら、生涯に7回の国替えを命じられ「引っ越し大名」とあだ名されたことで知られる。映画は直矩が姫路藩(兵庫県)から豊後日田藩(大分県)への国替えを言い渡されたことから始まり、星野さん演じる引っ越し奉行・片桐春之介の奮闘する様子を描くコメディーだ。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文468文字)

あわせて読みたい

注目の特集