メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉インフォメーション

四街道・第4回四街道市民ミュージカル「0番線の汽車に乗って~四街道駅ものがたり~」 /千葉

練習に励む四街道市民ミュージカルの出演者ら=実行委提供

 31日と9月1日(いずれも13時半)、四街道文化センター大ホール。

 四街道市民を中心に幼稚園児から小中学生、90歳まで、障害者も交えた約60人が出演する2年に1度の生演奏による市民ミュージカル。

 「0番線の汽車に乗って」は大西弘記さんの脚本・演出で、東日本大震災によって四街道に避難してきた宮城・東松島の家族と四街道市民の交流を縦軸に、明治以降の四街道駅の歴史を横軸に描かれた涙と笑いにあふれた作品になっている。作曲・音楽監督は安藤由布樹さん、振り付けは…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです