メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実証実験

小型・低速電動バスの運行、中津川で開始 高齢者移動手段、安定的確保へ /岐阜

乗客を乗せて中津川市内を走る低速電動バス=岐阜県中津川市提供

 高齢者の移動手段を安定的に確保することなどを目指し、中津川市などで作る一般社団法人「最先端田舎中津川」(代表理事・福本雅之名古屋大客員准教授)は今月、小型・低速の電動バスを市中心部と観光ルートを走らせる2年間の実証実験を始めた。【沼田亮】

 実験は、地域振興を事業とする群馬の会社から借りた10人乗りバス1台を使っている。時速20キロ未満で走り、車体の左右両側にガラスがなく周囲の景色を堪能できるのが特徴。

 2年のうち今年は、今月30日まで2ルートを走る。月~水曜日はJR中津川駅や市役所などを回る「まちな…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです