メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊根町

伊根浦地区、舟屋の高級宿が急増 静かな漁村と両立を 観光協「住民の一人として過ごして」 /京都

油屋グループが2018年春にオープンさせた舟屋の宿。窓の外には露天風呂が置かれている=京都府伊根町平田で、安部拓輝撮影

 伊根町の伊根浦地区に舟屋の宿が増えている。漁に使わなくなった舟屋を改装し、ハイクラスの宿にする取り組み。世界に知れ渡る景観を生かすビジネスを生み、収益を上げて舟屋の保全も図ろうという狙いがあるが、静かな漁村の環境と両立させていくには住民たちとの対話が不可欠だ。【安部拓輝】

 同町平田。舟屋の玄関を抜けると、シックな床の向こうに伊根湾が絵画のように輝く。同町の温泉旅館、油屋のグループ会社が昨年春にオープンさせた。舟屋の造りをそのまま生かし、波打ち際のテラスには露天風呂から湯気が上がる。津母地区から温泉を運んでいるという。2人で一泊3万6000円で4人まで泊まれる。受け付けの新田花江さん(60)は「舟屋に泊まりたいというお客さんは多いですよ」。予約のない日は1カ月で数日くらいという。

 先月には伊根町が「舟屋ステイ海凪(みなぎ)」をオープンさせた。古い部材を生かし、アンティークな家具…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文1031文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです