メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マドリード映画祭

豊岡の「美しさ」世界で評価 ロケ作品、最優秀賞 短編外国語作品 /兵庫

スペイン・マドリード国際映画祭で短編外国語作品賞部門で最優秀賞に選ばれ、映画関係者と喜ぶ空下慎監督(左から4人目)と西垣嵩史プロデューサー(右から3人目)=西垣さん提供

 豊岡市が舞台の20分の短編映画「桜が咲く頃 交わした約束は、」(2018年、空下慎(まこと)監督)がスペイン・マドリード映画祭の短編外国語作品賞部門で最優秀賞に選ばれた。17日に現地で発表と授賞式があり、このほど帰国した豊岡市城崎町在住の西垣嵩史プロデューサー(38)と空下監督(34)に喜びの声を聞いた。【村瀬達男】

 --おめでとうございます。今の気持ちは。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです