メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀州発掘物語

/10 紀伊風土記の丘(和歌山市) 考古と民俗、融合目指す /和歌山

建て替え、拡充が検討されている和歌山県立紀伊風土記の丘資料館。左は古墳時代の復元住居=和歌山市で、山成孝治撮影

 和歌山市のほぼ中央部にある岩橋(いわせ)丘陵に広がる岩橋千塚古墳群。日本でも最大規模の古墳群で、県はこの古墳群を中心に1971年に県立紀伊風土記の丘を設け、保存、公開に取り組んできた。現在、「考古・歴史」と「民俗」を融合した新しい県立考古民俗博物館(仮称)を造る計画を立て、古墳群にさらなる魅力を付け加えようとしている。

 県は6月、新博物館の基本構想を明らかにした。“風土記の丘リニューアル作戦”の実務担当が、主査学芸員…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです