メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書芸院展

47人の力作75点並ぶ 彭仙さん3点も 徳島 /徳島

 毎日書道展審査会員の荒井彭仙(ほうせん)さん(72)=徳島市=が代表を務める徳島書芸院による「第84回書芸院展」が22日、徳島市藍場町2のあわぎんホール3階B展示室で始まった。

 「旋律にのせて」をテーマに、47人が近代詩文書や一字書の作品計75点を出品した。荒井さんの義父で徳島書芸院創設者の天鶴(…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 阪神2-1巨人 新人王へ加速 阪神・近本、5人目150安打

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. 公文書クライシス 「記録作らない恐れ」省庁指摘、内閣府黙殺 ガイドライン改定論議に反映せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです