メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

歌人・仰木実 八坂神社(小倉北区) 帰還の残像 特異な価値 /福岡

小倉城の城壁を背景に立つ歌碑

 風おちてゆふぐもなびく街の空しづかに城はそびえたちたり

 北九州歌人協会顧問を務めた仰木実の歌碑は、八坂神社の北口門を入ってすぐ、小倉城の濠を背に立っている。1966年11月、主宰した「群炎」短歌会と有志が建立した。

 少年期から作品を投書し、詩誌「抒情詩」、歌誌「短歌巡礼」などの同人を経て、31年、「歌と観照」に入会。主宰する歌人、岡山巌に師事した。

 本業は製鉄マン。有能な技術員で、手腕を買われて39年10月、朝鮮半島北東部(現在の北朝鮮)で建設中…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです