メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肥前百景

/4 干潟交流館 有明海独特の魅力 /佐賀

有明海の生き物を観察できるミニ水族館

 水槽内の干潟を愛らしく動き回るムツゴロウ、シオマネキ、ワラスボ。鹿島市の道の駅鹿島の隣にある「干潟交流館」では、有明海独特の魅力にどっぷりつかることができる。

 今年4月に開設。干潟水槽や生き物を手で触ることができるタッチプール、アカエイやクラゲなど季節ごとに有明海の生物が入れ替わるミニ水族館など、有明海の生物を観察するこ…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです