メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火焚き神事

五穀豊穣を祈る阿蘇の奇祭 本番入り /熊本

祖母に介添えされて薪に火を付ける山口さん(右)

 五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する「火焚(ひた)き神事」の乙女(おとめ)入りの行事が19日、阿蘇市役犬原(やくいんばる)の霜神社火焚き殿であった。選ばれた「火焚き乙女」と神社周辺の3地区住民が交代で10月16日まで59日間、火を見守る。

 「火焚き神事」は、阿蘇の農耕祭事の一つとして国の重要無形民俗文化財に指定…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです