メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
追跡

サイバー技術、米と競う 攻撃対処の習熟度確認 自衛隊と米軍チーム、4時間で42問

競技会に臨む陸上自衛隊システム防護隊の隊員。左にあるのは各チームの途中の得点が並んだスコアボード=東京都新宿区の防衛省で2019年8月22日午前5時52分

 陸上自衛隊は22日、米陸軍と互いをオンラインで結んだ初のサイバー競技会を開いた。サイバー攻撃対処に必要な基礎技術の習熟度を競う形式で実施。サイバー防衛で後れをとる自衛隊が、先進的な取り組みをする米軍に胸を借りて自分たちの技量の現状を確かめた。サイバー分野の強化に腐心する自衛隊だが、高度な技能を持った人材の確保など課題も抱えている。【町田徳丈】

 「日ごろの成果をいまここで十分に発揮しましょう」。東京・市ケ谷の防衛省。迷彩服などを着た陸上自衛隊員がパソコンの前で円陣を組み、気合を入れた。午前5時(米東部時間21日午後4時)、「競技開始!」と声がかかると、隊員は問題が表示された画面を食い入るように見つめ、一斉にキーボードやマウスを操作し始めた。

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです