メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

サイバー技術、米と競う 攻撃対処の習熟度確認 自衛隊と米軍チーム、4時間で42問

競技会に臨む陸上自衛隊システム防護隊の隊員。左にあるのは各チームの途中の得点が並んだスコアボード=東京都新宿区の防衛省で2019年8月22日午前5時52分

 陸上自衛隊は22日、米陸軍と互いをオンラインで結んだ初のサイバー競技会を開いた。サイバー攻撃対処に必要な基礎技術の習熟度を競う形式で実施。サイバー防衛で後れをとる自衛隊が、先進的な取り組みをする米軍に胸を借りて自分たちの技量の現状を確かめた。サイバー分野の強化に腐心する自衛隊だが、高度な技能を持った人材の確保など課題も抱えている。【町田徳丈】

 「日ごろの成果をいまここで十分に発揮しましょう」。東京・市ケ谷の防衛省。迷彩服などを着た陸上自衛隊…

この記事は有料記事です。

残り1984文字(全文2207文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです