メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

二つのG7サミット=西川恵

 <kin-gon>

 フランス南西部のビアリッツで24~26日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれる。30年前の1989年のG7サミットもフランスが議長国で、国際政治上、大きな画期となった会議だった。二つのサミットはいかに世界が変貌したかを物語る。

 今回のサミットでは首脳宣言は見送られると言われており、そうなると75年の第1回サミット以来初めてとなる。米国と他6カ国の隔たりは、昨年のカナダでのG7サミットでも見せつけた。トランプ米大統領が閉会後に議長国トルドー首相の発言に怒って、首脳宣言の承認を撤回したからだ。

 30年前の7月にパリ郊外で開かれたアルシュ・サミットと比べた時、その対照に感慨を禁じ得ない。まず自…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1038文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです