メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

二つのG7サミット=西川恵

 <kin-gon>

 フランス南西部のビアリッツで24~26日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれる。30年前の1989年のG7サミットもフランスが議長国で、国際政治上、大きな画期となった会議だった。二つのサミットはいかに世界が変貌したかを物語る。

 今回のサミットでは首脳宣言は見送られると言われており、そうなると75年の第1回サミット以来初めてとなる。米国と他6カ国の隔たりは、昨年のカナダでのG7サミットでも見せつけた。トランプ米大統領が閉会後に議長国トルドー首相の発言に怒って、首脳宣言の承認を撤回したからだ。

 30年前の7月にパリ郊外で開かれたアルシュ・サミットと比べた時、その対照に感慨を禁じ得ない。まず自…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです