メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

中国の李克強首相との会談に臨む韓国の康京和外相(中央)と河野太郎外相(左から2人目)=北京の人民大会堂で22日、AP

 韓国政府は22日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄することを決めた。韓国政府は、日本政府による安全保障上の輸出管理の手続きを優遇する対象国「グループA(ホワイト国)」からの除外措置の撤回を求めたが、受け入れられなかったため踏み切った。一方、日米両政府は北朝鮮への対応などを念頭に協定継続を求めてきた。これを無視する韓国の対応に、日米両政府は衝撃を受け、北東アジアの安全保障環境の変化に対する懸念を強めている。

 「日本が歴史問題を安保問題に転換した状況下で、GSOMIAの有効性を検討せざるをえなかった。我々を安保友好国と見なしておらず、韓日の安保協力関係の根幹を揺るがす行為だ」。韓国の青瓦台関係者はGSOMIA破棄に至った理由をこう説明した。

 日本政府が半導体材料の輸出規制強化に加え、安全保障上の輸出管理の手続きを優遇する対象国「グループA(ホワイト国)」から韓国を除外する方針を発表したことで、日韓関係は急激に悪化した。韓国では元徴用工問題への対抗措置と受け止められており、世論の反発が強まったためだ。

この記事は有料記事です。

残り2480文字(全文2942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  2. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです