メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

与野党

「山東カラー」に困惑 首相演説一本化や改憲議論促進

 今月1日に選出された山東昭子参院議長(77)=自民出身、比例代表=が独自色の打ち出しに躍起だ。首相が衆参両院でそれぞれ行う施政方針演説の一本化などを提案。憲法改正の議論促進も訴えた。中立公平が求められる議長が積極的に発する「山東カラー」の言動に、与野党から困惑の声もくすぶる。【佐藤慶】

 山東氏は就任早々、自民党の末松信介参院議院運営委員長に電話し、首相の施政方針演説や所信表明演説など衆参の本会議でそれぞれ行う演説の一本化▽本会議場での女性の上着着用義務の廃止▽ノートパソコンの議場への持ち込みを許可--を提案。末松氏は8月5日の参院議運委理事会で報告した。特に施政方針演説の内容は衆参両院で同じであるため、一元化すれば、首相や閣僚の出席回数を省き、時間短縮にもつ…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文835文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです