メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

渋沢栄一の墓と慶喜

谷中霊園にある渋沢栄一の墓。近くに15代将軍・徳川慶喜の墓所もある

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 「お墓博士」の長江曜子・聖徳大学教授と行く墓めぐりリポート。第2回は「日本の資本主義の父」と呼ばれ、まもなく1万円札のカオになる実業家、渋沢栄一(1840~1931年)にする。酷暑の中、先生と谷中霊園(東京都台東区)を歩いた。

 江戸末期、いまの埼玉県深谷市の富農の家に生まれた渋沢。若いころは尊王攘夷(じょうい)論に傾倒したものの、縁あって徳川慶喜に仕える幕臣となった。慶喜の弟・昭武のパリ万博使節団に随行。西洋の近代文明に触れたのは良かったが、幕末の激動期。約2年後に帰国したのは大政奉還のあとだった。

 それでも、請われて明治新政府の役人になって税制や金融制度を確立し、下野したあとも、鉄道、製糸紡績、鉱工業、海運など500社近い近代企業を創設した。実業だけではない。数々の教育・福祉施設をつくり、日本人移民増で燃え盛った米国内の「排日」の動きに心を痛め、日米民間外交の先頭に立った。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです